ジャガーキャットフードは子猫でも食べられる?与える時の注意点とは?

「ジャガーキャットフードって子猫にあげても大丈夫なのかな?」

そう悩まれている方もいるのではないでしょうか。

子猫のうちはまだ体が丈夫ではないから、キャットフードをあげても問題がないか心配ですよね。

しかし、高タンパク質なジャガーキャットフードを子猫のうちから与えていきたいと考えている方もきっといると思います。

ここではジャガーキャットフードは子猫でも食べることができるのかお伝えしていきますね。

猫ちゃんを大事に育てていってあげるためにも、事前に安全かどうかを確認しておきましょう。

ジャガーキャットフードは子猫でも食べることができるの?

それではさっそく、ジャガーキャットフードは子猫でも食べることができるのかお伝えしていきたいと思います。

ジャガーキャットフードの詳細は以下の通りです。

内容量 1.5kg
価格 4,280円(税抜)
主原料 チキン
添加物 無添加
グレイン(穀物) グレインフリー
対応年齢 すべての年齢に対応
賞味期限 未開封の状態で製造日から1年間

では、これからご説明していきますね。

ジャガーキャットフードは全ライフステージに対応

ジャガーキャットフードは全ライフステージに対応しているので、子猫から老猫まですべての年齢の猫ちゃんに食べさせていくことができます。

ジャガーキャットフードは高タンパク質なので、全年齢の中でも特に、成長期の猫ちゃんにおすすめですよ。

高タンパク質なジャガーキャットフードは子猫におすすめ

猫ちゃんが成長していくためには、タンパク質が欠かせません。

なぜなら猫は、根っからの肉食動物だからです。

肉類などに含まれるタンパク質は、猫のエネルギーの源になります。

ですから高タンパク質なジャガーキャットフードを与えていけば、猫ちゃんの成長を支えていくことができますよ。

無添加でグレインフリーだから子猫でも安心

ジャガーキャットフードは、人口添加物などを使用していない無添加でグレインフリーのキャットフードとなっています。

子猫は成猫と違って体も弱く、歯や骨などもまだまだ未発達。

そんな子猫に添加物やグレインが含まれたご飯をあげてしまったら、体調を崩してしまわないか心配ですよね。

グレインは猫ちゃんのお腹の消化にも良くないので、消化不良を起こしてしまう可能性だってあります。

しかし、ジャガーキャットフードには添加物やグレインが一切含まれていないので、子猫でも安心して食べていくことができますよ。

ジャガーキャットフードを子猫にあげる時の注意点

子猫に向いているジャガーキャットフードですが、注意点もあります。

その注意点にはどのようなことがあるのか見てみましょう。

子猫の給与量と成猫の給与量の違い

まず注意したいのが子猫の給与量と成猫の給与量の違いです。

子猫の給与量 成猫(12ヶ月以降)の給与量
~2ヶ月 25~40g ~2.5kg 30~40g
2~3ヶ月 40~50g 2.5~3.5kg 40~50g
3~4ヶ月 50~55g 3.5~5kg 50~55g
4~6ヶ月 55~60g 5~6.5kg 55~60g
6~10ヶ月 60~80g 6.5~8kg 65~70g
10~12ヶ月 80~110g 8~10kg 70~80g

このように、子猫と成猫の場合では給与量が異なります。

子猫の場合は12ヶ月にもなると110gの給与量が必要となりますが、12ヶ月以降からは与えるべき給与量が減ってしまいます。

12ヶ月以降は給与量をはみ出して過剰に与えてしまわないように注意しましょう。

また、猫ちゃんの体の状態に合わせて量を調節してみるのも良いかもしれませんね。

離乳食の子猫にはフードをふやかしてからあげる

ジャガーキャットフードをあげる時は、離乳食の子猫にも注意する必要があります。

子猫の時には固い状態のフードを噛み切れない可能性があるので、フードをふやかしてからあげるようにしましょう。

フードはぬるま湯を使うと柔らかくすることができますよ。

まだ歯がきちんと生えていなくて噛むことができない猫ちゃんには、ふやかしたフードをあげてみてくださいね。

ジャガーキャットフードのレビュー!

最後に、ジャガーキャットフードのレビューをお届けしていきたいと思います。

今回レビューに登場するのは、生後3ヶ月のサクラです。

では、さっそくレビューをしていきますね。

ジャガーキャットフードが自宅に到着

先日購入したジャガーキャットフードがついに自宅へ到着。

段ボールを開けると、中にはとてもシンプルなデザインの袋が入っていました。

ジャガーキャットフードと一緒に入っていたのは、レティシアンの商品が書いている紙やQ&Aの冊子など。

Q&Aの冊子は今後困った時に利用していきたいと思います。

ジャガーキャットフードの原材料や成分などをチェック

袋の裏を見て、ジャガーキャットフードの原材料や成分などをチェック!

読んでみて分かったのは、動物性原材料が80%使用されているということ。

肉と魚の両方が入っているようだし、これならサクラも喜びそうです。

それにタンパク質が40%も含まれているので順調に成長していってくれそう。

グレインフリーだから消化不良を起こす心配もなさそうですね。

サクラ、ジャガーキャットフードを実食!気になる反応は?

原材料や成分のチェックを済ませたところで、さっそくサクラに食べさせてあげてみることに。

開封する部分はジッパーに加えて二重のマジックテープ加工がされていました。

こんなに頑丈に密封されていれば、フードが劣化する心配をしなくてよさそう!

粒のサイズは1cmほどで、真ん中には小さな穴が開いていました。

粒をいくつか手に取って、まずはにおいを嗅がせてみたところ。

猫が好みそうな肉と魚の香りにサクラも興味津々♩

その後はすぐに、手の中にあった粒を全部食べてしまいました。

ちゃんと食べてくれるかどうか不安もあったのですが、これなら安心して食べさせていくことができそうです。

ジャガーキャットフードを食べて、これからも元気にすくすくと成長していってね。

まとめ

ジャガーキャットフードは、子猫にもとてもおすすめのキャットフードです。

タンパク質が多く含まれているので、猫ちゃんの成長をサポートしていってくれますよ。

ジャガーキャットフードで、子猫の時からずっと猫ちゃんの成長を見守っていってあげましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です